床の滑り測定協会 トップ

一般社団法人床の滑り測定協会

ごあいさつ

近年、歩道橋、駅の通路、ビルの玄関をはじめ各建築物の通路等において転倒による死亡事故が急増し、交通事故を上回り増加の一途をたどっています。厚生労働省の人口動態調査によると、転倒死亡者数は年々増加し続けており、原因としては高齢者社会という背景と、建築物(施設)の床面の経年変化が考えられます。

このような状況に対して、国土交通省は平成24年度バリアフリー新法「高齢者、障害者等の円滑な移動等に配慮した建築設計標準」を改訂し初めて、床の滑りに関する安全基準が示されました。これにより、床面の管理者は、安全基準を満たすべく努力(新築時は遵守)をしなければならなくなりました。

私共は「すべらない社会をつくる」をスローガンに設立し、上記法制化の一翼を担い、転倒事故を少しでも減らそうと活動しております。

一般社団法人 床の滑り測定協会

代表理事 鈴木徹

協会概要

協会名称 一般社団法人床の滑り測定協会
所在地 〒164-0012
東京都中野区本町4-2-2
TEL:03-3381-2562/FAX:03-3381-2563
E-mail:info@slip-csr.jp
代表理事 鈴木 徹(スズキ トオル)
役員 顧問 後藤康一郎(協同組合防滑業振興協会 理事長)
顧問 清水雅雄 (協同組合防滑業振興協会 理事)
顧問 加古督幸 (良公税理士法人所長/行政書士)
業務内容 CSR測定業務
CSR測定結果報告書・証明書発行業務
すべり測定士資格認定業務
すべり測定士育成業務
滑りに関する資料・情報提供

※すべり測定士 :20名(2019年1月現在)
※すべり測定士補:32名(2019年1月現在)