床の滑り測定協会 トップ

「すべり測定士」資格認定制度

当協会では、正確に滑り抵抗整数(CSR'値)の測定を行うため、「すべり測定士」資格認定制度を導入しております。

高齢者社会に伴う滑り転倒事故防防止に向け、当協会では、客観的立場でCSR'値の測定し、測定結果報告書の発行などを行う「すべり測定士」の育成に力を入れております。

現在、「すべり測定士」不在の地域もあり、協力者を得る活動にも力を注いでおります。

「すべり測定士」は当協会の登録商標です。

「すべり測定士」育成の重要性

滑り測定は、JISに規定する試験方法斜め引張り方試験機「O-Y・PSM」と互換性のある、携帯型滑り測定機「ONO・PPSM」で行います。

携帯型滑り測定機「ONO・PPSM」の操作は手動で行います。正しい操作方法を身に付けていないと、CSR'値が安定せず、正確な数値を算出することが出来ない構造です。

回転ハンドルの正しい操作のみでなく、滑り片や表面状態の選択、滑り抵抗係数に関する知識、バリアフリーの考え方など、技術と知識を持った「すべり測定士」を育成・派遣することも当協会の重要な役割と考えます。

床の滑り測定協会 トップ 床の滑り測定協会 トップ
すべり測定士補講習の様子 滑り抵抗係数「CSR'」調査

「すべり測定士」認定までの流れ

区分資格証講習内容試験項目
講習生 ・測定士補机上講習
・測定士補技術講習
学科
測定士補 すべり測定士補資格証 ・測定士机上講習
・測定士技術講習
・現場講習
学科/技能
測定士 滑り測定士資格証 ・補講(1回/年)